top of page

共有資源のガバナンスモデル

更新日:2023年2月28日

『#NCUネクサス:生態学的兼経済的な提案』

By Tim Gieseke

元掲載日:2021年7月3日|アップデート版の投稿日:2022年10月14日:Medium

当初、地球の生態系は人間が必要とするすべてのものを支えていました。やがて人間は、生態系では容易に供給できないものを生み出し、価値の測定および取引の機能をもつ経済システムを構築しました。

生態系と経済という二つのシステムの陰陽関係を結び付けられなかった為に、生態系システムに依存する経済システムは、生態系システムに縛られずに運営・拡張されています。理由はは明白です。生態系システムが、全人類にとって十分すぎるほどの土壌、食料、水、生息地などを生成・再生しているのであれば、それに気づく人も気にする人もいないでしょう。


2021年、人類はこのエコロジカル・エコノミカル・ダンスの約500世紀目に入っていますが、私たちはエコロジカル・パートナーから切り離され、低迷していることに気づき始めています。私たちは不安を感じ、一部の人々は心配し始めています。私たちはあらゆる種類の戦略を試してみました。少しでも炭素を貯めたり、手つかずの土地を永遠に確保したり、川に捨てられる汚染を減らしたり、風景に散布する肥料や化学薬品の量を減らしたり。これらは解決のためのものなのか、それとも単なる善意の印なのか。

残念ながら、これらの提案は経済システムのポケットからのもので、心からのものではありません。また、経済の仕組みと生態系を結びつけるものでもありません。

経済システムと生態系システムの間の本当のつながりは、自然資本(英:natural capital)を通してです。すべての経済的価値とすべての生態学的機能は、自然資本から生まれます。


自然資本のポートフォリオ(下記参照)を見ると、私たちの経済ポートフォリオは、自然資本の①再生可能、②条件付再生可能、③非再生可能な側面から派生していることがわかります。

【詳細】

流入する資源(英:Inflowing Resources):[再生可能]例: 太陽、風、水循環、大気および海洋の流れ

生物資源(英:Biological Resources):[条件付再生可能]土壌、菌類、動物相、植物相のプロセス

物理的資源(英:Physical Resources):[条件付き再生可能]土壌、水、空気、動物相、植物相

物理的資源(英:Physical Resources):[非再生可能) 鉱物、炭化水素、石、砂



私たちの経済的な回復力は、財布の中にどれだけの炭素を入れておけるかということよりも、はるかに多くのことに依存しています。より広範な自然資本の観点から見ると、そのような小さな行動で十分であるとは考えにくいのです。私たちの幸福(ウェルビーイング)とは、暫定的、調整的、支援的、文化的な生態系の財とサービスの広範なスペクトルに基づいています。

このレンズで見ると、炭素市場はまるで石炭の塊を提供しているように見えており、これでは、私たちの経済と生態学の関係は変わりません。私たちは、形だけのジェスチャーを超えて、経済システムと生態系システムをつなぐ意味のある自然資本として、自然資本ユニット(Natural Capital Unit:NCU)を提供する必要があります。私たちはもはや、母なる自然を欺くことができると自分自身を欺くことはできません。母なる自然は生態学的に失敗しているのではなく、私たちが経済的に失敗しているのです。私たちが過去に設計した経済的なルールは、未来に成功するためには不十分なのです。経済的なルールは聖書のように見えますが、学者や政治家は文字通りそのルールを作ったのです。ルールは変えることができますし、もっと言えば、古いルールと一緒に人々が採用できる新しいルールを作って適用することもできます。地球を愛し、国を愛し、コミュニティを愛し、家族を愛し、そして自分自身を愛する人々は、日々の活動が条件付き再生可能な自然資本(上記ご参照。英:conditionally renewable)を劣化させるのではなく、向上させるように、新しい経済ルールを作っています。私たちの経済と生態を向上させることに抵抗のある人たちも、この進化の中で自分の居場所を持つことになります。彼らの影響は、この道のりにおいてしばらく感じられることでしょう。

この道がどのようなもので、私たちをどこへ導くのかは、2021年9月、私たちのネットワークがプラットフォームと多面的なNCUを実証するときに明らかになるでしょう。DNA-RNAモデルのように、NCUは、この地球上で繁栄するために必要な情報の転写者、翻訳者、伝達者となります。NCUは、オーナーシップ、パートナーシップ、公平性、アカウンタビリティが「サービスの場」であるNCUで実現する、シェアード・ガバナンスを可能にします。NCUは、消費者と生産者が、ガバナンス、取引、価値をサービスのポイントである生態系の地球のNCUに移行することで、採取型の経済モデルを超越することを可能にします。NCUは、私たちが「生命を含む惑星に住んでいる」という概念を超えて、「生きている惑星に住んでいる」という概念に変えることを可能にします。

この道は、多くの足跡が集まり、それぞれがケアやスキルを持ち寄ることで作られています。2021年9月には、この開かれた道に他の人々を招待する予定です。

この10年間、私はこの道を探究し、2019年には同じような道を歩む仲間を見つけました。私たちは今、団結して、世界を大切にする新しい方法を提供しています。

2016年、私はこの道をさらに進み、『Shared Governance for Sustainable Working Landscapes』(『持続可能なワーキング・ランドスケープのためのシェアード・ガバナンス』)で、効率的な会計・取引プロセスを可能にする自然資本ユニット(NCU)を提案しました。「2019年には、経済的な共生行動が社会的相互作用をどのように変化させるかという手段であるシェアード・ガバナンスをさらに掘り下げました。私の別の出版物である『Collaborative Environmental Governance Frameworks: A Practical Guide』(協働型環境ガバナンスフレームワーク。実践ガイド)では、人間の組織に「共生」(英:symbiogenesis)が起こり、非対称でダイナミックなガバナンスを設計・管理する手段を備えた強固なネットワークを構築する方法を説明しています。

【著者プロフィール】


ティム・ギーゼキーは、人間が享受している現代の便利さを、どうすれば地球環境を悪化させることなく手に入れることができるか、ということにキャリアの多くを費やしてきました。彼のキャリアはさまざまな分野や組織に及んでいますが、常にその課題を目の前に置いてきました。世界的な経済モデルを変えることは、一人の個人、グループ、国家、あるいは社会の手の届かないところにあるように思われますが、彼は農業の景観を管理することで自分自身の地に足をつけ、日々、経済と生態のダンスに関わっています。2019年、彼の道はこの領域の偉大な思想家や人々と交差し、私たちはこのような試みの深さと広さをまとめて理解しています。星が揃ったようです。そして、私たちは見ることになるでしょう。


Comentários


bottom of page